イメージ画像

相続と不動産

相続と不動産

不動産の相続をした場合、不動産を相続したのが一人なら大きな問題は無いかもしれません。
しかし、一つの土地を複数人の相続人で相続した場合には問題が発生します。

この場合「持分」という一人ひとりが権利を有する物件が発生します。
持分物件の売却に関しては、条件にもよりますが一般的には不動産としての価値が大きく減ってしまうことになり、売却に応じてくれる所も少ないのが現状です。

不動産持分 4人に相続した結果、4人がそれぞれに権利を持つ持分物件となります。
この場合、持分Bの所有者が土地を売却しようとしても、土地の価値がほとんど無い場合が多く、売却価格が非常に低くなってしまいます。
出来れば、他の相続人としっかり協議をし、完全な形で売却する事が望ましいのですが、実際には非常に困難な事例が多いです。

持分物件に関しては、法律的な知識も含め、時間と労力が掛かるので売却に応じてくれる不動産業者が少ないといわれます。
また、不親切な業者の場合、解決を急ぐため、市場価格よりも非常に安価な金額で購入するところもあるようです。
当社では個々のお客様と時間を掛けて問題解決に取り組み、関係する方々ともしっかりと交渉を進めていきますので、最終的にご満足いただける解決策をご提示しています。お急ぎの場合にも一度ご相談ください。

 経験と知識が重要な相続問題。当社に是非お任せください。

経験と知識が重要な相続問題。当社に是非お任せください。

専門家の税理士でも難しいと言われる「相続問題」ですが、当社では豊富な経験と知識を持つスタッフが、専門家とも協働で問題解決に向けて活動しています。
遠方の相続人との協議にも当社スタッフが伺いますのでご安心ください。

当社では、不動産と相続に関する様々な問題や事例をセミナーを通じてお伝えしています。
セミナーでは、実際に弁護士の先生などにもご登場いただき、講演会形式で行ったりもしています。
参加ご希望の方は当社までご連絡ください。
また、個別にもご相談に応じておりますのでお気軽にご相談ください。不安な方疑問な方は是非ご参加ください。

このページの先頭へ