イメージ画像

不動産仲介と買取の違い

不動産を売却する方法は「買取契約」と「仲介契約」の2種類があります。

不動産買取契約不動産仲介契約にはそれぞれに長所・短所があります。

更には、不動産業者毎に得意分野がありますので、ご自身の状況や希望の中身、困っている事や、その解決方法などを正しく理解し「何が一番適正なのか?」を判断する必要があります。
もちろん、どちらがお得か、などは当社スタッフがしっかりとご説明させていただきます。

不動産仲介契約

 

不動産仲介契約 不動産仲介契約とは、

不動産の所有者から「物件を買いたい人を探して欲しい」という依頼の元、

売却活動を行う契約です。

不動産業者が買い取るのではなく、価格や立地など売却情報を情報誌などに掲載し、

「買いたい人」をあなたに変わって探すサービスです。

   

不動産買取の場合、不動産会社が直接不動産を買い取ります。

買取価格は路線価格等を元に市場価格に近い金額での買取となります。

   

買取と仲介の大きな違いは「買主が誰であるのか?」と言う点です。
仲介の場合は、広く一般の方に対し、あなたの不動産を売り出します。不動産業者は、買主様探しのお手伝いをするだけなので、基本的に売却金額はあなたが決めることが出来ます(業者からも売れるようにアドバイスをもらえます)。あなたの設定した金額が高い場合や、立地条件などにより、売却が成立するまでに時間が掛かることもあります。
買取の場合は、売却価格は不動産業者が近隣の地価や条件、相場やあなたの状況を加味した業者毎に見積もる金額になります。売却までの期間は大きく短縮することが出来ます。

  メリット デメリット
仲介契約 ○売却の価格を相談しながら決めることが出来る。 ●いつ売れるか分からない。
●売却価格は最後まで分からない。
●買主が一般人の場合、契約後で白紙になる場合もある。(ローン特約)
●近所の人に知られる。
買取契約 ○売却金額がすぐ分かる。
○契約・決済が早い。
○仲介手数料が不要
○引渡し期間が融通が利く
○業者が買主のため安心
○近所の人に知られない
●仲介に比べて安くなる場合がある。
トップページ

このページの先頭へ