イメージ画像

不動産売却に向けた準備

不動産を売却するための準備

急な用事で不動産を売却しないといけない場合や、競売にかけられている状況下であっては、必要な種類を迅速に集めていく必要があります。
また、名義人が不在の場合や後見人制度を利用する場合など、不動産売却時において高度な専門知識が必要な場合もあります。
中には不動産売却のご相談時に「権利書のありかが分からない」といったご相談も頂きます。
いづれの場合であっても、当社スタッフが一緒に準備いたしますので、初めて不動産の売却をされる方や、不動産売却の知識が全く無い方、買取や仲介の意味が分からないが、手続きを進めないといけない方など、全く分からない方も安心してご相談下さい。

必要になる書類の例

住民票
印鑑証明
権利書
戸籍謄本

ちょっと待って!不動産を売却する前に・・・

住宅やマンションなど不動産の売却までに比較的時間の余裕がある場合や、不動産仲介でなかなか成約しない場合など、物件をリフォームしたり、キレイに掃除することで買主様が見つかったり、売却価格や仲介価格が上がる場合があります。
新しい買主様も、きれいな物件に住みたいとお考えです。当然いくつかの候補の中から選んでご契約をされています。
少しでも「住みやすそう」「きれいだな」と思ってもらうことが不動産売買契約の成約への近道です。
当社では、過去の様々な事例から「リフォームをした方がメリットがある」お客様には、リフォームのご提案もさせて頂いております。

リフォーム事例

一宮市 戸建 4LDK 38坪 築34年
リフォーム前査定額 1,200万円

リフォーム費用

【内訳】
外壁塗装
70万円
クロス・ふすま・畳張替
50万円
水回りリフォーム
120万円

240万円
  リフォーム後査定額 1,800万円

この事例では、リフォームをする事で、不動産の売却利益が360万円増えました。


南区 マンション 3L 築30年
リフォーム前査定額 700万円

リフォーム費用
【内訳】
水回りリフォーム
150万円

150万円
  リフォーム後査定額 980万円

マンションの場合でも、リフォームをする事で130万円、売却利益を増やすことが出来ました。

トップページ

このページの先頭へ