イメージ画像

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所が債務者と債権者との話し合いを仲裁し、返済条件の軽減などに向けて働きかけていく制度です。
消費者金融などからの借金の場合、過去の返済履歴から、利息制限法の上限金利(15~20%)を超えていた部分を引きなおし元本を再度分割していくことになります。

特定調停の最大のメリットは個人で行えるため費用が安く行えることが挙げられます。また、特定調停の場合、任意整理を行うのと同様に、どの債権者を対象にするかを選べるため、不動産や住宅、自動車などの財産を保持できます。
デメリットとしては、特定調停は任意整理に比べて手続きが煩雑であること、取立て行為が止まるまで時間が掛かること、過払い請求は別に行う必要があること、調停が成立しない場合があることなどが挙げられます。また、調停委員は必ずしも専門家ではないため、調停が成立しても払い終わっているはずの借金が残っていたり、利息の割引がされていないなど債務者に不利な内容になることもあるようです。

  メリット デメリット
民事再生 費用が安い。
調停の対象となる債権者を選べる。
住宅や自動車などを残せる。
時間が掛かる。
過払い請求に対応していない。
調停後支払が出来ない場合、直ちに給与や財産の差押さえが可能になる。
調停が成立しないことがある。
調停委員の能力しだいで調停結果が大きく異なる。

債務整理後の人生

任意売却や競売、破産などで住むところを失った場合、次の住まいを探さなくてはいけません。
ですが、債務整理をしていると保証人が見つけることも困難で、貸主、売主さんの信用を得ることも難しい場合が多くあります。
更にお手元に現金が無いため、引越しすら不可能なこともあります。
当社では、新しい出発を応援するために、新しい家探しのお手伝いや、金融機関との協議による引越し費用の捻出まで出来る限りのお手伝いをさせて頂いております。
少しでもお客様の笑顔のために頑張りたい。
これが私達の想いです。

トップページ

このページの先頭へ