イメージ画像

間違えない!失敗しない不動産業者の選び方

大切な不動産を預ける上で、信頼できる不動産業者を選ぶことが大切です。
では、どんなトコロをポイントにして不動産業者を選べばよいのでしょうか?

不動産会社には不動産のプロが居ると思われがちです。ですが、実際には不動産売却にまつわる知識・経験を備えたプロは多くありません。
特に不動産売却には様々な問題やトラブルが付属している場合も多く、不動産売却についての、しっかりとした知識や経験が無いと、後々トラブルが起こる原因にもなります。
マニュアルに沿った対応や、取引を勧めるのではなく、担当者の経験や知識をシッカリと見極め、不動産売却のプロに依頼することが一番重要なポイントです。

不動産売却をスムーズに勧めるためには、物件がある地域での実績も重要です。
近隣でどういった物件が求められているのか?
周囲にどういった施設が有るのか?
最近ではどんな方が近隣の不動産を買っているのか?
など、様々な条件や情報から「売り出し価格(査定金額)」や売り出し広告の内容・量などを決定していきます。地元での実績が少ない場合には、どうしても一般的な手法に頼ることになり、成約時期が遅れたり、価格が下がってしまうこともあるので注意が必要です。大手だから安心!では無く、地元に詳しい不動産業者を探しましょう。

実際に買主様を探すのは、様々な広告を通じて行うことになります。
不動産広告にはインターネットや雑誌、新聞折込など様々な種類があります。
売主様としては、自分の物件を出来るだけ大きく宣伝してもらったほうが、成約も早く済みます(成約が早いと、成約価格も高く設定できる場合が多いです)が、不動産業者からすれば、出来るだけ広告費をおさえたほうが利益が増えます。
その為、一つの広告の中にたくさんの物件をまとめて掲載したり、出来るだけ安い広告を使用したりする場合もあります。
不動産業者によってどのような広告を使用するかが異なりますので、良く確認することも大切です。

当社の広告紹介

「依頼した担当者の対応が悪くて、いつまでも成約できない」といったお話しを良くお聞きします。
不動産業者にとって、買取や仲介は「仕入」と考えているところも有ります。
当然、売りやすい物件に対しては真剣に取り組みますが、面倒くさい物件や瑕疵物件、複雑な相続物件などは敬遠されがちです。
こういった事は、利益を求める企業ですから当たり前なのですが、取り組む姿勢は大切です。お客様のために頑張ってくれそうか、事務的に取り組みそうかを見極めるのはお客様ご自身です。
良く考えて、失敗しない不動産業者を探しましょう。

何よりも大切なのは「何でも気軽に聞けるかどうか?」

以上の点に気をつけて、たくさんある不動産業者の中から、信頼できる担当者を探しましょう。
ですが、一番大切なことは、どんな小さなことでも恥ずかしがらずになんでも聞くことです。
専門用語や複雑な書類が多いのが不動産業界ですが、分からないことは「分かりません」とはっきり伝えましょう。
その上で、親身になってくれる担当者で無いと、後々大変です。
分からないことは恥ずかしいことでも珍しいことでもありません。少しでも不安なことや、ハッキリしないことは、気軽に担当にご相談されることをお勧めします。

トップページ

このページの先頭へ