イメージ画像

離婚と不動産


慰謝料の交渉よりも複雑な場合が多く、手続きも煩雑で専門化の知識が必要です。

中でも、不動産の問題は非常に大きく、当社でもたくさんのご相談を頂いております。

最も多いのは共有不動産の持分(共有財産のうち個人が所有・負担している部分)の取扱です。

離婚してしまえば、どちらかは住宅を出て行くことになりますが、不動産などを購入していた場合に、どちらかが連帯保証人などになっていると、離婚後もしも相手が債務を支払えなくなった場合に連帯保証人が債務を負うことになります。
その為、不動産の持分部分については売却をしてしまいたい所ですが、一方が応じない場合も多く、トラブルの多い問題となっています。
当社では、持分物件の取扱実績が多く、当事者間の調停にも応じております。また、債務整理などのご相談にも応じておりますので、離婚を考えている方は一度ご相談ください。




このページの先頭へ