イメージ画像

離婚と住宅ローン

離婚時に住宅ローンが残っている場合、
残債(残っている住宅ローン)も財産分与の対象となります。

時価3,000万円の不動産で残債が1,000万円の場合、
3,000万円から1,000万円を引いた
2,000万円が財産分与の対象となりますが、
残債が時価を上回っている場合
(不動産を売却しても借金が残ってしまう場合)
には
複雑になってきます。

仮に不動産を売却し、残債を分与するにしても
金融機関が認めてくれないことも有ります。

※配偶者側の収入が少ないことが大きな理由です。

また、住宅ローンを組まれるときに、
一方が連帯保証人になってい事が多いと思いますが、
債務者が支払えなくなった場合には
保証人に債務が発生します。

残債が時価よりも少ない場合でも、
不動産を所有し続ける場合には
売却が出来ません
ので
持分の清算でもめる事も多いです。

離婚時に不動産の処分で悩まれる方は多いですが、
贈与税など税金の事や法律の問題、
ローンの組み換えの問題など非常に複雑ですので、
専門家にご相談されることをお勧めします。

このページの先頭へ