イメージ画像

借りられる場合と借りたい場合のプランニング

借りられる額をむやみに借りると
返済が厳しくなるので要注意、
という話をいたしましたが、
家庭の事情は様々です。

例えば、「子どもの手が離れたら
配偶者の収入が見込める」
「転職したてで一時的に収入が少ないだけ」
「もうすぐ子どもが独立するので
教育負担が減る」など、
家計収支の増額や返済見込みが成り立つ場合は、
中長期のライフプランやキャリアプランを考慮した
予算プランニングが効果的です。

また、「どうしても欲しいマンションがあるため、
できる限り多く借りたい」というケースもあります。

無茶な借入れはしてはいけませんし、
金融機関の審査条件を超えることもできません。

参考にしたいのは、借入額増額の原則。
それは「金利を低くし返済期間を長くする」です。

瑞穂区の不動産といえば、株式会社みずほ不動産販売!
地域密着型で成約実績も豊富♪
<瑞穂区 不動産売却 購入 建築 査定>
瑞穂区の事なら、お気軽にお問合せ下さいませ!

株式会社みずほ不動産販売 スタッフブログ 不動産査定申し込み

タグ

このページの先頭へ