イメージ画像

物件紹介・現地見学/一件あたり15~30分、1ヶ月で10~15件が目安

物件を探し始めて購入を決めるまでの期間は、
人によって千差万別です。

飛び込みで入ってみたオープンルームを
一目で気に入って即決してしまう人もいれば、
1年も2年もかけて何十件も見学する人もいます。

ただ、経験的にいえば、あまりたくさん見すぎると
目移りして決められなくなってしまう
ケースが多いようです。

ライフサイクルの面から購入のタイミングを迎え、
家族の気持ちが盛り上がっているなら、
1ヵ月程度を目安に考えておくといいでしょう。

最初に不動産仲介会社に接触するときは、
土日に家族で訪問することが多いですね。

そこで、物件の希望条件やスケジュールの確認、
資金計画のアドバイスを受けます。

いったん物件資料などを持ち帰り、
家族で改めて話し合うのが普通でしょう。

翌週になると、週末に売却依頼を受けた
最新の物件情報が、不動産仲介会社から
FAXやメールで送られてきますから、
その情報を含めて見学したい物件を
3~4件に絞って連絡します。

1日に複数の物件をスムーズに回れるように、
現地見学の段取りは営業担当者が付けてくれます。

空室ならいつでも見学できますが、
売主が居住している場合は事前に
アポイントを取る必要があるからです。

たとえば4件なら、午前と午後に2件ずつ。

移動時間も考えて、1件当たりの見学時間は
15分から30分程度を目安に
セッティングしてくれるでしょう。

効率的に見学できるように、

物件資料の検討段階に

どこをチェックするかを準備。

また、後で比較検討するときに

忘れないよう、ポイントをメモしておこう

見学の当日は、離れた場所の物件を
何ヵ所か回るため、クルマでの移動が一般的。

交通利便性や、商店・学校・公園などの生活に
関連する施設は、ある程度まで 営業担当者が
事前に調べて、案内をしながら教えてくれるはずです。

現地では物件を中心に見るため、
周辺環境や駅からのアクセスなどを歩いて
じっくり調べて いる時間はありません。

最終候補として2~3件まで絞り込んでから、
改めて自分たちで調べる形になるでしょう。

営業担当者には、見学した物件の感想を
伝えることが大切です。

紹介した物件が良かったのか悪かったのか、
どこが気に入ったのかマイナス点はなかったのか、
その反応に合わせて、さらに物件を探してくれるので、
より希望条件に合った物件に近づきやすくなるからです。

こうした現地見学を毎週末、数回繰り返して
チェックした物件の中から、最終的に
購入したいと思える物件を決めるという
ケースが多いのではないでしょうか。

瑞穂区の不動産といえば、株式会社みずほ不動産販売!
地域密着型で成約実績も豊富♪
<瑞穂区 不動産売却 購入 建築 査定>
瑞穂区の事なら、お気軽にお問合せ下さいませ!

株式会社みずほ不動産販売 スタッフブログ 不動産査定申し込み

タグ

このページの先頭へ