イメージ画像

最後に設備のチェックを忘れずに!

引渡しを受けた後、真っ先に実行しておきたいのが、
設備の故障や不具合などの確認です。

売買契約のときに、マンションの住戸内の設備のうち
何が附帯してくるのか、故障などはないかを確認するために
「設備表」と「物件状況確認書(報告書)」を併せて取り交します。

引き渡された物件が、その内容と違っていないかを、
すみやかにチェックする必要があるのです。

大手から中小まで多くの不動産会社が加盟する
社団法人・不動産流通協会(FRK)が出している
契約関係の標準書式によれば、個人間の売買の場合、
設備の不具合については「引渡し後7日以内に申し出れば
売主の負担で修繕する」という内容が盛り込まれています。

したがって、実際に引っ越しをするまでに時間があったとしても、
鍵の引渡しを受けたら、すぐに電気・ガス・水道の手続きをして、
1週間以内に設備を動かしてみることです。

もし故障があったら不動産仲介会社を通じて
売主に連絡を入れましょう。

なお、雨漏り・シロアリ被害・配管類の故障などについては
「見えない瑕疵(欠陥)」といわれ、
こちらは引渡し後3ヶ月以内に連絡すれば、
売主の負担で直してもらえます。

これを「瑕疵担保責任」といいます。

こうした期間については、仲介する不動産会社や売主によって
異なるケースがありますので注意してください。

売主が宅建業者、つまり不動産会社の場合、
瑕疵担保責任の期間は2年以上です。

なお、贈与税の非課税制度や住宅ローン減税を利用するには、
購入(入居)した翌年に申告をする必要があります。

税金がかからないから申告が不要だと思っていると、
特例を受けられませんので、くれぐれも忘れずに。

瑞穂区の不動産といえば、株式会社みずほ不動産販売!
地域密着型で成約実績も豊富♪
<瑞穂区 不動産売却 購入 建築 査定>
瑞穂区の事なら、お気軽にお問合せ下さいませ!

株式会社みずほ不動産販売 スタッフブログ 不動産査定申し込み

タグ

このページの先頭へ